教育理念

困難にたじろがない
ひとりで勉強できる子に

「困難にたじろがない ひとりで勉強できる子に」と言う教育理念の根底には、少子化や不景気、低成長の時代を生きていかなければならない子ども達に、「本当の力」を身につけさせたいという思いがあります。

今は、すぐにキレる、ムカつく、時には飽きる・・・というわがままでストレスに弱い子ども達が増えてきています。その大きな理由は、さまざまな体験を通して一番学ばなければならない時期に、特に困難に立ち向かう体験を与えていないからではないでしょうか。だからこそ、私たちはあえて子ども達に厳しい体験を与えなければならないと考えているのです。

私たち教師は、子ども達の壁とならなければならないと考えています。世の中にはルールがあり、してはいけないことがたくさんあります。挨拶ができない、謝ることができないことをただ嘆くだけではなく、教師が子ども達の壁となり「どうして守れないんだ。やりなおしなさい。」と厳しく教えることで、子ども達が社会に出て行くときに本当に必要とされる社会性を身につけることができます。

また「負の体験」をしておくことも、子ども達の成長には必要なことです。いろんなことにチャレンジしていけば失敗もするし挫折もする、場合によっては絶望もします。大人になる前に、「負の体験」を経験し、それを乗り越える体験をすることで、失敗を恐れない心、失敗から立ち直れる強さ、本当のしなやかさや逞しさを身につけることができるのです。

合宿や講習会はまさに集中豪雨型学習への挑戦です。テレビやゲームを封印しての勉強漬けの数日間。眠気と戦い夜遅くまで勉強する。本当に大変ですが、それを乗り越えたときに、子ども達は一回り大きく成長します。大切なのは、その時一緒に併走してくれる先生や仲間、それを理解してくれる親がいるということ。

ゲームのようなバーチャルではなく、実際に自分が体験し、困難を乗り越えることで子ども達は自分の力で生きていく術を身につけ、失敗のストレスを乗り越えられる大人になっていけます。私たちは、この教室に通う子ども達に、一人の人間として、社会人として、生きていく上での困難に果敢に立ち向かい、へこたれずに乗り越えていく力を身につけさせる民間教育機関でありたいと考えています。

教育方針

■ ワンランク上を目指す
■ 勉強の仕方を身につける
■ 自調自考

1ランク上を目指す」という言葉の中には、自分の殻を打ち破って現状よりももう一つ高いレベルに挑戦する子ども達を後押ししてあげたいという思いがあります。失敗しても、成功しても、結果はどちらでもよい。むしろ失敗したときに教師が温かく支え、乗り切らせることが大事だと考えています。

どんな鳥でも自分の力で飛ぶしかない」という言葉があります。今の子どもは依存心が強く、勉強でわからなくなるとすぐに先生や親に頼ってしまうことが非常に多い。しかし、つまずいたときにこそ、どこがどうわからないのか自分で考え、自分で調べることができることが大切なのです。すぐに先生が解き方や答えを教えてもらうと、子ども達の成長のための大切な瞬間を見逃してしまうことになります。「ひとりで勉強できる」ことは、自分で調べて自分で考えるという単純なことなのですが、これこそが子ども達が自分の進路を決めるときに必要になる力です。私たちの教育の基本は答えを教えることではなく、勉強の仕方を教え、一人で勉強できる子を育てることにあります。

▲このページの上へ